マクロビオティックとは?「身土不二」と「一物全体」

土地柄と季節に合った食べ物を食べよう

 身土不二とは、平たくいうと、「身体(身)と環境(土)はバラバラではありませんよ(不二)」という意味です。身体は、食べ物を含め、さまざまなものを環境から取り入れています。空気、光、音、熱、湿気などなど…。  
 そんなものだって、どこまでが環境で、どこからが自分なのか、よく考えるとわからなくなってしまいますよね。それほど、環境と身体は密接な関係にあります。ですから、適切な取り入れ方をしなければ、身体は環境に適応することができません。
 では、環境から適切に食べ物を取り入れるには、どうしたらよいのでしょうか。人がその場の環境になじむには、その土地柄、その季節に合った食べ物をとることが大切です。
 その土地でとれたもの(日本の場合、国産品であればほぼ問題ないでしょう)、その季節に自然にとれるものを中心に食べれば、暮らしている場所の気候・風土に適応し、季節の変化についていくことができます。たとえば熱帯の作物や夏の野菜は、人間が暑さに対応しやすいような、身体を冷やし、ゆるめる働きのある成分が多く、今さらながら、自然はうまくできていると思わざるを得ません。反対に、寒い冬に、熱帯産のバナナやパイナップルを食べたり、夏にとれるトマトやキュウリを食べたりすれば、身体は冷えて、具合が悪くなってしまいます。

土地柄と季節に合った食べ物を食べよう

皮つき・根つきで食べよう

 物事を分断・分析していく近代科学に対する反省として、「全体は部分の総和ではない」ということがいわれるようになりました。つまり「全体」は、「全体」としてあるとき、部分の総和を上回る特別な働きをするのです。
 食べ物についても、同じことがいえるはずです。一物全体とは、「一つのものを丸ごと食べる」という意味です。一つのまとまりのあるもの(種子、実、葉、根など)は、いろいろな面でバランスがとれている上に、まとまっていることによる、何か特別の働きが期待できます。特に種子や実は、そのまま次の世代を生み出せるほどですから、バランスのよい、生命力に満ちた食べ物といえるでしょう。
 ミクロな観点から見ても、穀物の皮や胚、野菜の皮には、それ以外のところには入っていないビタミンやミネラルが含まれています。また皮や芯など堅い部分は、以前は消化に悪い、栄養があまりないとされていましたが、近年になって、食物繊維(ダイエタリー・ファイバー)が豊富なため、腸の健康に役立つことがわかってきました。きっといろいろな食べ物の「全体」は、栄養学でもまだわからない、タメになる働きをしてくれているに違いありません。
 そういうわけで、なるべく何でも丸ごと食べたほうがいいと考えられます。といっても、米ならモミごと食べろといっているわけではなくて、現実的に可能な範囲で、玄米や胚芽米で食べましょうということです。
 穀物は、できるかぎり精白しないほうがいいでしょう。葉菜なら芯や根っこも工夫して食べるようにしたいし、根菜はよく洗い、皮をむかずに調理しましょう。葉つきの根菜が手に入るときは、葉も無駄にしないようにしたいもの。保存をするときにも、なるべく皮つき・根つき・(根菜なら)葉つきの、「全体」に近い形のほうが持ちがいいことはお気づきですよね。
 魚なども、小さなものは丸ごと食べてしまいましょう。逆にいえば、丸ごと食べられない大きな動物や魚は、あまりたくさん食べないほうがいいということになります。

日本の伝統食を見直そう

 あなたが、日本に住む日本人(民族的に)なら、先祖が食べてきた、日本の伝統食が身土不二の原則にあった食事ということになります。先祖代々食べてきたものは、消化・吸収しやすいように、体ができています。日本人が長年食べてきた日常食といえば、やはりご飯に味噌汁、煮炊きした野菜ですね。さらに少量の豆類や種子類、漬物といったところでしょう。これに、そばやうどん、雑穀が加わります。調味料は味噌、醤油、自然塩が基本です。主食(穀物)など、いつも食べるものは、国産でまかないたいものです。輸入食品を食べる場合には、緯度のより近いところでとれたものの方が体に優しいでしょう。昔の人が丈夫だったのはきっと、この身土不二と一物全体の原則が自然に守られていたからでしょう。あらゆるものが氾濫する中で、今の私たちは、ほんの少し頭を使わなければ「自然な暮らし」ができなくなってしまいました。でも、原則をつかんでしまえば、そんなに難しいことではありません。

 身土不二で大切なのは旬。自然の中で育った野菜は生命力が強く、栄養も豊富です。たとえば、寒い時期に露地で育てたやさは、凍らないよう野菜の成分も濃くなり、甘みがあっておいしいのです。温室育ちの野菜は味も栄養価も大違いで、値段も安く経済的。といってもスーパーの野菜売り場では、夏野菜と冬野菜が並ぶなど季節感がなく、旬の野菜がよくわかりません。この表で旬の野菜を確かめてください。

旬の野菜一覧表

ページトップへ

Copyrights©マクロビオティックWeb All Rights Reserved.