やってみようマクロビオティックお手本レシピ

玄米団子のお月見スープ

玄米団子のお月見スープ

レシピ作成者:リマ・クッキングスクール主任講師 川内翔保子

※印刷できない場合はブラウザの[ページ設定]の
  [背景の色とイメージを印刷する]にチェックをしてください。

材料(5人分)

玄米粉
1/2C
(0335 玄米粉)
300g \546
白玉粉
1/4C
ぬるま湯
適量
小1/2
里芋(小)
5個
こんにゃく
1/2枚
ごぼう
1/3本
だし汁
5C
ごま油
適量
醤油
適量
長ネギ
1/2本
蒸し煮人参
5枚
針生姜
適量

作り方

 

玄米粉・白玉粉・塩をボウルに混ぜ、ぬるま湯を少しずつ加えながら、耳たぶより少し固めにこねる。30分ほど寝かせ小さなボール状に丸めておく。

 

里芋は洗い、皮をこそげ落とす。こんにゃくは下茹でし、一口大にちぎる。

 

ごぼうは乱切りし、中火で20分ほど炒め、こんにゃくも加え、炒め合わせる。

 

全体に油が回ったら出し汁を入れ、煮立ってきたら塩を少々入れ、1の団子を加える。

 

再び煮立ってきたら里芋を入れて弱火にし、里芋が柔らかくなるまで煮、醤油で味を調える。

 

小口切りした長葱を散らして火を止め、器に盛り蒸し煮人参と針生姜などの彩りをそえていただく。

説明
長月———いよいよ“白露”、文字は涼しげで残暑厳しい中にも秋を感じますよね。お体は大丈夫ですか? そろそろ暑さの疲れや冷房のだるさ、睡眠不足の結果が現れるとき?! 9月は気候的にも夏と秋の間にあって実に曖昧な特長のない月、とあまり好きではなかったのですが(自分の誕生月でありながら!)年を重ねる毎に好きな月になってきたのです! 夏のような秋のような両面を持った季節の橋渡しの月。さあお献立もそんな時期にあわせて楽しんでみましょうか。
十五夜様のお月見に、お団子のスープを作りました。玄米粉だけでは固くなるので、白玉粉を入れてみてください。里芋も薄皮を残してむくと良いでしょう。しみじみ味わうスープです。

前のページへ戻る


ページトップへ

Copyrights©マクロビオティックWeb All Rights Reserved.