やってみようマクロビオティックお手本レシピ

蕎麦がきのすまし汁

カテゴリ [ 汁物 ][ すまし汁 ]

蕎麦がきのすまし汁

レシピ作成者:リマ・クッキングスクール主任講師 川内翔保子

※印刷できない場合はブラウザの[ページ設定]の
  [背景の色とイメージを印刷する]にチェックをしてください。

材料(10人分)

そば粉
1C
(0341 そば粉(細挽))
300g ¥504
熱湯
1.3C
適量
油揚げ
2枚
人参
1本
しめじ
1P
三つ葉
適量

作り方

 

昆布・椎茸でだしをとり、用意する。

 

油揚げは油抜きをしてから、縦長に細く切り、“文”に結ぶ。しめじは人数分に小房にわけて醤油と出し汁で油揚げとともに下煮をしておく。人参はもみじ型で抜き蒸し煮にする。

 

蕎麦粉に塩と熱湯を注ぎ、よくこねて、蕎麦がきを作り、等分にしてからサッと木の葉形にし、箸などで葉脈を作りお椀に入れる。

 

油揚げ・しめじ・人参をその上に置く。
1のだし汁に塩で味をつけ、熱々を3に注ぐ。

説明
10月、秋も本格的になってきました。朝夕の雲の形にも、染まる夕焼けの色にも、深まる秋を感じますね。
 皆さん体調はいかがですか? やっと夏の“気”から離れ、心身共に“秋”モードになりましたか?! 自然界の動物たちがそうであるように、この時期は冬に向かって体力を貯えるとき……私たちも心してしっかりと食べてパワーを充実させましょうか!(笑)
実蕎麦を粉にして作る、そばがきを具にしたお汁も秋を感じる一品です。

前のページへ戻る


ページトップへ

Copyrights©マクロビオティックWeb All Rights Reserved.