やってみようマクロビオティックお手本レシピ

花飾り稲荷寿司

花飾り稲荷寿司

レシピ作成者:リマ・クッキングスクール主任講師 川内翔保子

※印刷できない場合はブラウザの[ページ設定]の
  [背景の色とイメージを印刷する]にチェックをしてください。

材料(10人分)

玄米ご飯
1500~1800g
梅酢
適量
紅生姜
1/2P~
白いり胡麻
1/2C~
ゆかり
適量
油揚げ
15枚
花形蒸し人参
20枚
花形大根(梅酢漬け)
20枚
糸三つ葉
30本
だし汁
適量
醤油
適量

作り方

 

玄米ご飯に梅酢をきり混ぜ、ゆかりと紅生姜のみじん切りを混ぜ、さらに白炒り胡麻も刻んでから加える。

 

油揚げは半分に切り、開いてたっぷりのだし汁と醤油(1:1.5〜2)で煮て、形を整えて汁気を軽く絞る。汁気が少し残る程で火を止める。

 

1を60gずつ軽く握り、2の油揚げに形よく詰める。

 

人参は花形に蒸し煮し、三つ葉はさっと湯にくぐらせておく。3の上に人参を置き、三つ葉で帯のように結び仕上げる。

説明
いつの間にか秋もたけなわ、猛暑の日々を思いますと四季のある国に生まれた有り難さが身にしみますね。
 今月のおいなりさんは気軽にお弁当やお昼ご飯にご活用下さい。油揚げをお醤油でゆっくり甘辛く煮含めて梅酢を打った玄米ご飯を程良く詰めます。シンプルな食材でそのものの味をじっくり味わうことができるという代表的な一品かと思います。食べやすい美しい形に整えることがポイントですね。
 お寿司ご飯の中に加えるものには工夫の余地がいっぱい! おいなりさんが得意料理になりますように。

前のページへ戻る


ページトップへ

Copyrights©マクロビオティックWeb All Rights Reserved.