やってみようマクロビオティックお手本レシピ

宝珠まんじゅう

宝珠まんじゅう

レシピ作成者:リマ・クッキングスクール主任講師 川内翔保子

※印刷できない場合はブラウザの[ページ設定]の
  [背景の色とイメージを印刷する]にチェックをしてください。

材料(約20個人分)

〈皮〉
材料
地粉
350g
(0325南部地粉 中力粉)
1kg \424
小1
さつま芋マッシュ
300g
適量
〈あん〉
材料
小豆
1C強
(2655有機栽培小豆)
300g \976
さつま芋マッシュ
200g~
レーズン
1/2C強
練り胡麻
適量
黒胡麻
少々
桜の花の塩漬け
20個
木の葉
20枚

作り方

 

粉と塩をボウルに入れてよく混ぜ、さつま芋を加えて切り込むように混ぜる。さらに、水を加えて混ぜ、なめらかになるまでこねてから、ベンチタイムをとる。

 

小豆は3倍ほどの水で、差し水をしながら煮て、やわらかくなってから塩を加えて水分がちょうどよく引いてから、さつま芋とみじん切りにしたレーズンを加えて甘味を整える。1個ずつ丸めたあんの中心に練り胡麻を少し入れる。

 

生地を等分に丸めておき、皮を手のひらで円形にのばしてあんを上手に包み込み、おまんじゅうの形に整える。

 

3の上に黒胡麻を数粒と桜の花を飾り、布巾で敷いた蒸し器で20分程蒸す。

 

器に木の葉などをあしらい、出来上がったおまんじゅうを盛りつける。

説明
卒業式など3月は“去る月”と昔からいわれ、慌ただしさも日々の流れも早いものです。

みなさんが大好きな小豆のおまんじゅうをたくさん作って、嬉しい日、忙しい日のおやつにしませんか?当日はもちろん、翌日ももう一度軽く蒸せば大丈夫。揚げ物ついでがあれば揚げまんじゅうにも。

前のページへ戻る


ページトップへ

Copyrights©マクロビオティックWeb All Rights Reserved.