やってみようマクロビオティックお手本レシピ

野草の天ぷら

野草の天ぷら

レシピ作成者:リマ・クッキングスクール主任講師 川内翔保子

※印刷できない場合はブラウザの[ページ設定]の
  [背景の色とイメージを印刷する]にチェックをしてください。

材料(適量人分)

野草
適量(ハコベ・セリ・タンポポ・カキドオシ・ゲンノショウコ・ユキノシタ・ヨモギ・コンフリー等々)
地粉・完全粉
適量
醤油
適量
大根おろし
適量
揚げ油
適量

作り方

 

野草はよく洗い、ごみなどを取り除き、ざるにあげ、水気を切っておく。

 

地粉と完全粉をあわせてボウルに入れ、塩ひとつまみを加えて水をサッと溶き混ぜて衣を作る。

 

揚げ油を熱し、野草に衣をつけて、中温かたゆっくり揚げる。仕上げは高温にしてカラリとなるまで揚げる。〈大きな葉は片面(葉)にのみ、衣をつけて揚げる。よもぎやはこべなどは、衣と混ぜ合わせてかき揚げ風にするとよい。〉

 

充分に油きりをしてから盛りつけ、キパワーソルトか生醤油でいただく。好みでレモンか大根おろしを添える。

説明
地中から虫さん達が出てくる啓蟄となり、いよいよ吹く風にも、春を感じる頃となりました。

野に出ると、野草も元気いっぱい!ヨモギを摘んでの草餅も、伝えたいおいしい行事ですが、そのヨモギも入れ、種々の野草を香り高い天ぷらにしました。野草の強いアク気も揚げることで和ら、おいしくなりますが、何より草のいのちを頂きたいのです。

前のページへ戻る


ページトップへ

Copyrights©マクロビオティックWeb All Rights Reserved.