やってみようマクロビオティックお手本レシピ

桜まんじゅう

桜まんじゅう

レシピ作成者:リマ・クッキングスクール主任講師 川内翔保子

※印刷できない場合はブラウザの[ページ設定]の
  [背景の色とイメージを印刷する]にチェックをしてください。

材料(10個人分)

〈皮〉
材料
地粉
150g
(0325南部地粉(中力粉))
1kg \424
白玉粉
50g
さつま芋マッシュ
125g
1つまみ
〈餡〉
材料
さつま芋マッシュ・かぼちゃマッシュ
合わせて250g
りんご
1個
レーズン
適量
桜の花の塩漬
10個
桜の葉の塩漬
10枚

作り方

 

先に白玉粉を水で溶いておき、地粉に混ぜ合わせる。そこにマッシュしたさつま芋も加えて良く切り混ぜ、水も入れて生地をこねる。滑らかになったらベンチタイムをとり、等分に丸めて分けておく。

 

さつま芋・かぼちゃのマッシュを混ぜ合わせ、りんごの蒸し煮とレーズンを入れて餡を作る。塩味で味を調えてから等分に丸めておく。

 

1を円形にのばしてから1を置き、半月形にふちを押して形づくり、桜の花を塩出ししたものをふちにのせ、蒸し器で15~20分蒸す。

 

3の桜の葉を包んで出来上がり。

説明
地中から虫さん達が出てくる啓蟄となり、いよいよ吹く風にも、春を感じる頃となりました。

デザートは、桜の花を待つ気持ちをおまんじゅうにしてみました。
あんこは、さつま芋とかぼちゃを使い桜の葉の香りに包まれる、うっとり感を味わってみてください。


前のページへ戻る


ページトップへ

Copyrights©マクロビオティックWeb All Rights Reserved.