やってみようマクロビオティックお手本レシピ

焼きおむすびの青紫蘇巻き

焼きおむすびの青紫蘇巻き

レシピ作成者:リマ・クッキングスクール主任講師 川内翔保子

※印刷できない場合はブラウザの[ページ設定]の
  [背景の色とイメージを印刷する]にチェックをしてください。

材料(5人分)

玄米ごはん
1,000g
小さじ1
適宜
梅干し
2~3粒
青紫蘇
15枚
胡麻油
適宜
梅酢
適宜
醤油
適宜

作り方

 

玄米ご飯を飯台に広げて、粗熱がとれたら200gずつを5個を計り、それぞれを3個に分けて。おむすびを作る。そのとき、手の平には梅酢と塩を少しつけて三角形にキッチリとむすぶ。

 

フライパンに胡麻油を敷き、おむすびを並べて、少し焦げ目がつくくらいに両面を焼き、醤油をぬっておく。

 

粗熱がとれたら、梅干しの種をはずしてちぎってはり、1個ずつ青紫蘇で包んで盛りつける。

説明
これからの本格的な“陽”の季節になると、キッチンに立つ方は色々と工夫を求められます。
夏でもしっかりと玄米ご飯は噛みたいもの。その点、おむすびは気軽に手が出ますので、いかがでしょう?香ばしく焼いてお醤油をからめ、さらに青じそを添えているので、見た目と匂いだけでも食欲をそそられることでしょう!

前のページへ戻る


ページトップへ

Copyrights©マクロビオティックWeb All Rights Reserved.