やってみようマクロビオティックお手本レシピ

ねぎ味噌&アスパラ巻き

ねぎ味噌&アスパラ巻き

レシピ作成者:リマ・クッキングスクール専任講師 檜山扶佐子

※印刷できない場合はブラウザの[ページ設定]の
  [背景の色とイメージを印刷する]にチェックをしてください。

材料(5人分)

[ ねぎ味噌 ]
(つくりやすい量)
長ねぎ
中3本
麦味噌
大1.5
小1
大2~
[ アスパラ巻き ]
(つくりやすい量)
ねぎ味噌
80g
アスパラ(中位の太さ)
10本(サッと茹でておく)
板麩
5枚(水につけてもどして斜めにさいておく)

作り方

 

[ ねぎ味噌を作る ]
長ねぎはよく洗う。ひげ根は細かいみじん切り、白い部分は1mm厚の小口切り、青い部分は先端を切り落として1mm厚の小口切りにする。

 

[ ねぎ味噌を作る ]
鍋を温め油を入れ、ひげ根を炒める。次に青い部分を炒め、鍋端によせて白い部分を炒め、青い部分をかぶせ、炒め合わせる。

 

[ ねぎ味噌を作る ]
鍋に水を加え、蓋をして弱火で蒸し煮にし、ねぎによく火が入ったら、ねぎの上に味噌をのせて再び蓋をして蒸し煮にする。

 

[ ねぎ味噌を作る ]
味噌がフワッとし、色が薄くなったら全体を合わせて火からおろす。

 

[ アスパラ巻きを作る ]
アスパラにねぎ味噌をのせ、板麩を斜めにまいていき、最後を楊枝でとめる。

 

[ アスパラ巻きを作る ]
5をグリルで焦げ目がつくまで焼く。

 

[ アスパラ巻きを作る ]
半分に切り、器に盛り付ける。

説明
2月は味噌作りの季節。皆さんは味噌を作ったことがありますか?自分たちで作った「手前味噌」は特に美味しいですよ(笑)
基本食のねぎ味噌をつくりましょう。そして毎食一箸二箸をいただきます。
これがマクロビオティックの基本食のいただき方です。
ここでさらに一工夫!アスパラにねぎ味噌をのせて、板麩で包んだアスパラ巻きはいかがでしょう!
彩りも良く、お弁当にも最適です。

前のページへ戻る


ページトップへ

Copyrights©マクロビオティックWeb All Rights Reserved.