やってみようマクロビオティックお手本レシピ

茶台寿司

茶台寿司

レシピ作成者:大澤満花(2017年4月号)

※印刷できない場合はブラウザの[ページ設定]の
  [背景の色とイメージを印刷する]にチェックをしてください。

材料(8個分人分)

三分搗きごはん
320g(昆布を入れて炊く)
しいたけ(乾燥)
2枚
絹さや
4枚
にんじん
1/3本(3mm厚、タテに切る)
筍(水煮)
1/3パック
れんこん
3㎜の薄切り2枚
かぼす汁(またはかぼす酢)
大さじ1
梅酢
小さじ1
大葉
適量
その他水菜などお好みの野菜
適宜

作り方

 

ごはんにかぼすの搾り汁を混ぜ、寿司飯をつくる。

 

戻したしいたけと筍をだし汁と醤油(分量外)で煮る。絹さやは塩少々で茹でる。にんじんは蒸し煮、れんこんは梅酢を入れて透明になるまで煮ておく。

 

①を8等分にしてお寿司をにぎる。

 

それぞれの具を彩りよく上下(表・裏)に貼る。

説明
シャリの上にも下にもネタがある。野菜の彩りが美しい握り寿司。
大分県臼杵で古くから伝わるおもてなし料理です。

前のページへ戻る


ページトップへ

Copyrights©マクロビオティックWeb All Rights Reserved.