みんなでつくるマクロビオティック投稿レシピ

気に入ったら クリックしてね!お気に入りボタン

夏の五色丼ビビンバ風

お気に入り数165

カテゴリ  [ 主食 ][ 玄米/ごはんもの ]

868回

投稿レシピ写真

レシピ作成者:リマ・クッキングスクール試作会

※印刷できない場合はブラウザの[ページ設定]の
  [背景の色とイメージを印刷する]にチェックをしてください。

材料(5人分)

とうもろこし入りごはん
三分搗き米3合、とうもろこし1本、塩小さじ1/3
人参
200g
小松菜
8束
高野豆腐5枚
乾椎茸4枚
A 醤油大さじ1、麦味噌大さじ2
コチジャン風味噌小さじ2
A みりん小さじ2
胡麻油小さじ1
ごぼう
1/2本
B だし汁大さじ2
醤油、みりん各大さじ1
切干大根
50g
C らっきょう漬け汁
大さじ3
CC レモン汁、梅酢各大さじ2
五味酢小さじ1
 米味噌、みりん
各大さじ1
 玄米甘酒
大さじ7
 にんにく、すりおろし生姜
各1片
 豆板醤
小さじ1/3
にんにく醤油
(本レシピ全てに使用)
 醤油300㏄
酒、みりん各100㏄
 にんにく、すりおろし生姜
各1片
 唐辛子
1本
レシピ作成者
2017年夏期試作会:阪井幸子

作り方

 

切干大根は熱湯をかけ5分おき、水切りし3-4㎝長さに切り、Cの汁に浸ける。

 

とうもろこしの半分の実をそぎ、塩と芯も入れてごはんを炊く。

 

高野豆腐は湯戻し後、水気を絞りフードプロセッサーで粗目のフレーク状にする。戻した椎茸は粗みじんにする。

 

鍋に油をひき、にんにくを炒め、椎茸を入れ、醤油少々をふる。高野豆腐を入れて軽く炒め、臭みを飛ばしたらAの胡麻油以外を入れて蓋をして煮る。蓋をとり汁気をとばし胡麻油を混ぜる。

 

ごぼうは4-5㎝長さの千切りにし油大1で強火で炒める。だし汁で蒸し煮し、Bを入れ汁気がなくなるまで煮る。

 

人参は4㎝程の千切りにし、0.8%の塩でもみ蒸し煮する。胡麻油小1で和える。

 

小松菜は3-4㎝長さに切る。鍋に茎、葉の順に入れ、さっとウォーターソテーする。ザルで水気を切り、塩少々まぶし軽くもんで水気を切る。胡麻油で和える。

 

器にごはんを盛り、具を彩りよくのせる。中央にのこりのとうもろこしの実をトッピングする。

説明
2017年夏期試作会 師範科優秀賞作品
夏の暑さで食欲減退気味の子どもたちに、米のごはんや野菜をしっかり食べてほしいと考えた「夏バテ解消メニュー」です。

レシピへのコメント

コメントを投稿するには、ログインして下さい。
投稿されたレシピへのコメント

コメントは登録されていません

前のページへ戻る


ページトップへ

Copyrights©マクロビオティックWeb All Rights Reserved.