やってみようマクロビオティックお手本レシピ

ののこめし

ののこめし

レシピ作成者:大澤 満花

※印刷できない場合はブラウザの[ページ設定]の
  [背景の色とイメージを印刷する]にチェックをしてください。

材料(6人分)

五分搗き米
1カップ
ごぼう
50g
にんじん
30g
乾椎茸
1個
油揚げ
3枚
昆布
適量
だし汁(昆布・椎茸)
2カップ
醤油
大さじ3

作り方

 

米は洗って1時間程浸水し、水を切る。

 

野菜はそれぞれ細かく切っておく。

 

油揚げは油抜きをして半分に切り、袋にしておく。

 

米と野菜を混ぜ、③に7分目に詰めてようじで止める。

 

鍋に昆布を敷き、だし汁と醤油を入れて④を並べて火にかける。

 

沸騰したら火を弱め、15~20分煮て火を止めて冷ましていただく。

説明
山陰地方の郷土料理です。綿入れの「布子」が名前の由来ですが、今は大だいせん山(鳥取県)の山の形に似ていることから「いただき」が一般的な呼び名です。昔は農家や漁師の人たちの弁当として食べられていました。運動会や行楽のときに作られます。

油揚げに入れるごはんの量は7分目くらいにするとよいでしょう。

前のページへ戻る


ページトップへ

Copyrights©マクロビオティックWeb All Rights Reserved.