やってみようマクロビオティックお手本レシピ

春の押し寿司

春の押し寿司

レシピ作成者:檜山扶佐子

※印刷できない場合はブラウザの[ページ設定]の
  [背景の色とイメージを印刷する]にチェックをしてください。

材料(作りやすい量人分)

【すし飯】玄米
2カップ
  水・塩
適量
  昆布
5cm角1枚
  梅酢
大さじ2
【具】ゆずの粋
大さじ1/2
 蓮根
50g(薄いイチョウ切り)
 赤梅酢
大さじ2+水
 油揚げ
1/2枚(縦半分にし細切り)
 干し椎茸
4枚(戻して細切り)
 ごぼう
40g(ささがき)
 油
少々
 だし汁
1/2カップ
 醤油
小さじ2
 人参
60g(千切り)
 塩
少々
 絹さや
10枚(茹でて斜め細切り)
 紅生姜
40g(千切り)
【A】南瓜
30g(蒸して皮を取りマッシュ)
  地粉
大さじ2
  ライスドリーム
大さじ2
  塩
少々

作り方

 

(すし飯を作る)玄米は昆布を入れて炊いて蒸らし、飯台に移して梅酢・ゆずの粋をふり入れて切り混ぜる。

 

具を煮る。

 

蓮根は梅酢を水で割った物でサッと煮る。

 

鍋に油少々を入れて温め、ごぼうを弱火で炒める。ごぼう臭さがなくなったら、油揚げ、干し椎茸を入れ、だし汁と醤油を入れて煮含める。

 

人参は塩少々をまぶして蒸し煮。

 

(A)の材料をよく混ぜ、薄く油をひいて温めたフライパンに流し込み、両面を焼く。冷めたら千切りにする。押し寿司の型を濡らし、①の寿司飯を半分の高さまで入れ、④を適量散らし(トッピング用に1/3残しておく)、さらにその上に寿司飯をのせる。一番上に③、残り④、⑤、⑥、紅生姜を彩りよく散らし、蓋をして押し、しばらくおいてなじんだら型から外して切り分ける。

前のページへ戻る


ページトップへ

Copyrights©マクロビオティックWeb All Rights Reserved.