やってみようマクロビオティックお手本レシピ

蕎麦の実の餃子

蕎麦の実の餃子

レシピ作成者:小林 薫音満

※印刷できない場合はブラウザの[ページ設定]の
  [背景の色とイメージを印刷する]にチェックをしてください。

材料(4人分)

【皮】地粉
160g
   塩
2つまみ
   胡麻油
小さじ1
   パウダー状の葛粉(打ち粉)
適量
   熱湯
約1/2カップ
【具】蕎麦の実
50ml
   水
1/2カップ
   塩
2つまみ
   大根葉
100g(かたく塩茹でし、みじん切りにする)
   にら
160g(みじん切りにする)
   長ねぎ
1/2本(みじん切りにする)
   黒きくらげ
6g(水につけて細切りにする)
   ひまわりの種
60ml(炒って半分に切る)
   葛粉
小さじ2
   醤油
大さじ2
   胡麻油
小さじ1
胡麻油(餃子を焼く用)
小さじ1/2

作り方

 

皮を作る。ボウルに地粉と塩を入れてよく混ぜ、胡麻油を加えて両手ですり合せる。熱湯を少しずつ加えながら、力を入れてよくこねる。耳たぶくらいの柔らかさに水分を調整し、ツルツルの生地になるまでこねたら、ぬれぶきんをかけて30分ねかせる。

 

具を作る。蕎麦の実と水、塩で蕎麦の実を炊く。黒きくらげは、醤油少々(分量外)で煮付け、煮切っておく。

 

ボウルに②と残りの具の材料を入れて、粘りが出るまでよく混ぜ合わせ、醤油と胡麻油を振り入れて、10等分しておく。

 

①を麺状にして10等分し、葛粉を打ち粉のしてめん棒でそれぞれ丸くのばす。

 

④の皮の中央に③の具をのせ、端に水をつけて、ヒダをつけながら包む。

 

フライパンに胡麻油を落として指先で薄く塗り広げ、中火にかける。温まってきたら⑤を並べ、片面を焼く。フライパンの底から動くようになったら、餃子の高さの半分くらいまで水を回し入れ、ふたをして蒸し焼きにする。

 

フライパンの底に水分がなくなったら、ふたをとって水蒸気を抜き、皮がややカリッとしてきたら皿に移す。

説明
陽性体質。体調の場合は、蒸し器にキャベツを敷いて、その上に餃子を並べて蒸し、キャベツも一緒にいただくとよい。

前のページへ戻る


ページトップへ

Copyrights©マクロビオティックWeb All Rights Reserved.