やってみようマクロビオティックお手本レシピ

すったて

すったて

レシピ作成者:2017年7月号 大澤満花

※印刷できない場合はブラウザの[ページ設定]の
  [背景の色とイメージを印刷する]にチェックをしてください。

材料(2人分)

地粉
250g
塩水(10~15%)
適量
きゅうり
適量
大葉
3枚
みょうが
3本
少々
つけ汁 炒りごま(白)
5g
  麦味噌
60g
  水
300cc

作り方

 

きゅうりは薄く輪切りにし、軽く塩をしておき、水気を絞る。

 

大葉、みょうがは千切りにする。

作り方写真3

[つけ汁を作る]炒りごまを擂り、麦味噌とさらに擂り合わせる。
きゅうりを入れて軽くつき、水を入れてのばす。

 

地粉に塩水を少しずつ加えてボール状にまとめる。

 

ビニールシートなどで包み、足で踏んで均等にのばす。ボール状に
まとめなおし再度踏んでのばす。これを3回繰り返す。

 

テーブルに打ち粉をし、⑤の生地を綿棒で5mmの厚さにのばす。
好みの長さに折り重ね、5mm幅に切る。

 

鍋に湯を沸かし、7~8分ほど茹でる。

 

茹で上がった麺を水でしめて器によそう。

 

つけ汁にきゅうりを浮かべ、大葉、みょうがを添えていただく。

説明
埼玉県川島町の郷土料理で冷やし汁うどんのこと。名前の由来は
つけ汁の具材を「すりたて」で食べていたことからきていると
いわれています。
(ワンポイント)
手軽に乾麺や生うどん、茹で玉めんを使ってもいいでしょう。
(写真は生うどんを使っています)

前のページへ戻る


ページトップへ

Copyrights©マクロビオティックWeb All Rights Reserved.