やってみようマクロビオティックお手本レシピ

五目ちらし

五目ちらし

レシピ作成者:桜沢里真

※印刷できない場合はブラウザの[ページ設定]の
  [背景の色とイメージを印刷する]にチェックをしてください。

材料(4人分)

玄米
2カップ
玄米の1.2倍
小さじ1/5
れんこん
50g
にんじん
50g
豆腐
1丁
油揚げ
2枚
きぬさや
16枚
乾椎茸
4個
梅酢
大さじ1.5
だし汁
適量
塩・醤油
各適量

作り方

 

圧力鍋に玄米・水・塩を入れてふっくらと炊く。

 

れんこんはタテ4つに割り、薄いイチョウ切りにする。梅酢に同量のだし汁を加えた中に浸け、時々混ぜてよく沁みこませる。鍋にれんこんを汁ごと入れて水大さじ2を加え、とろ火で煮付ける。

 

にんじんは細切りにして塩ひとつまみを振って空炒りし、水少々を加えて蓋をして弱火で1~2分蒸し煮にする。

 

豆腐はよく水を切り、手でつぶす。鍋に油大さじ1を温めて豆腐を入れ、木べらでかたまりをつぶしながらよくかき混ぜて炒める。塩小さじ1/2を入れてさらに細かくつぶし、醤油小さじ1を加えて炒り上げる。

 

油揚げは三方にハサミを入れて開き、元通りにたたんで熱湯をかけて油抜きする。タテ3つに切り、薄い小口切りにしてだし汁1カップと醤油大さじ1で煮付ける。

 

きぬさやは筋を取り、塩ひとつまみ入れた熱湯で色よく茹でて斜め細切りにする。乾椎茸は水で戻し、石づきを取って細切りにする。油で炒め、水を適宜加えてしばらく煮て、醤油小さじ1を入れて煮付ける。

 

炊き上がったごはんをボウルに移す。梅酢をしゃもじの上に流しながらふりかけ、しゃもじをタテに使ってごはんを切るようにして混ぜながらうちわで扇いで冷ます。

 

②~⑥の具の半分を⑦に入れて混ぜ、重箱などの器に入れて残り半分の具を彩りよく飾る。

前のページへ戻る


ページトップへ

Copyrights©マクロビオティックWeb All Rights Reserved.